トップイメージ
外為取引ビギナーが為替の要所を理解するにはまず初めに注文を重ねる事が不可欠です。とりわけ、直前に危険を気付くようになるには、間違いを積み上げることも体験のひとつです。とは言うものの、間違いをするといっても再起できないほど決定的な失敗をする事は許されません。取り返しが付く過ちを幾度か経験することが、最後に自身の経験値を高めてくれるはずです。それを考えると、まずは少額資金で取引を行いこれによって数度小さめの間違いをすることをおすすめする。例えとして、100万円だけしか投資できない場面で、いきなり100万円を全て投入して売り買いするとマイナスになった時、今後やり直せない恐れがある。それよりは、一例として資金の10分の1ずつ分割してトレードを行ない、そこでトレードを体験した方が、次第に間違いをカバーする手段なども身についていくはずである。少額資金で売り買いする事の良い点は、先に書いたように自身の取引経験を増やし損を制御する手法を身に付けていく事にありますが、同時に、取引の回数を積み重ねて、偶然性を減らす事ができるという価値もあります。仮に、売り買いで勝率が50%とします。すると、同じく5割の確率で損が生じるリスクもあります。勝率50%ということは2回に1回の率で勝てることを意味している。ですが、全ての投資資金をつぎ込んで1回だけの勝負をするということは、勝つか、負けるかのいずれかになってしまう。これではただの丁半バクチと同じ。すなわち、全てをつぎ込んで1回だけしかトレードしないとその分だけ損が生じる危険性が高くなります。それだけに、お金を全額投じるのではなく何回もに分けて投資機会を重ねる事がリスク回避となります。同時に少しずつ分けたとしてもすべてに儲ける事は大事ではありません。と言うよりは、全部は勝てないのが現実だ。勝負で重要なのは勝率ではなく、どのくらい利益を上げるかです。勝率が2分の1でも、仮に勝率3割でも儲ける事は出来ます。それ以上負けてもマイナスが小さければ、少ない勝利の利益で十分儲ける事が出来ます。それには、マイナスを少なくして、プラスを大きくする事を心がけることです。損したら即損切りして反対に儲けられる場合には上手く利益を出す事が、外国為替証拠金取引をはじめたばかりの方が外為取引で成功する極意といえる。

リンク

Copyright © 1998 www.targetherpes.org All Rights Reserved.