トップイメージ
ようやく開始する時という場合では第一に下準備をおろそかにしてはいけません。トレードを始める前ならば、起こる事を論理的に見ることができる余地があります。しかし、いっぺん取引の中に入ってしまうと、考え方が独りよがりになる事が多く往々にして真っ当な状況がわからなくなる不安があります。それだけに頭が理性的な状況で、間違いない準備する事が大切なのだ。”事前準備”とは、始めにあなたの脚本を描くことから手をつけます。未来の投資状況はこうだから、ユーロを勝負するというふうに、台本を書いていきます。次に大事なのはローソク足チャートを見ましょう。これまでのマーケットの推移をチェックして、値段を確認する。すると、「現時点では結構安いレベルにある」など、それとも「とっくに大勢の投資家の方々がエントリーしているから、これから売買しても今となってはなすすべがない」ということが判断できます。当然、今さらエントリーするのが遅すぎるなと思ったならば、売買しないで、その場面ではきっぱりと諦めることが重要です。どう試みても自身のシナリオを押し通そうとして諦めずに新しく注文すると、外国為替相場に跳ね返されてしまい、反対に為替差損を受けることになるリスクがあります。ただしたいがいのケースで準備が出来ている自身のシナリオを作っていると売買がやりようがないというケースにはならないと思います。おそらく、リアルに市場が上下動する前のはずだから。その次にまずは自らが売買しようと考えている通貨の変動を、じっくりと確かめる事が大切です。もしも、ドル高が進むであろうというストーリー展開を書いたのであれば、ドルの推移に注目しておきます。マーケットの動きを注目し始めた状況では、ドルは大きく変動する様子を見せないで上下に小幅な上下動をしているだけでしょう。だが、その上下動をちゃんと注目していると、ある位置で確実に円安へとマーケットが変化し始めます。このタイミングでドル買いのエントリーします。おおむね、慎重に事前準備をすればその注文で勝てる率は高まります。

リンク

Copyright © 1998 www.targetherpes.org All Rights Reserved.